資産運用の知恵袋  資産運用専門の独立FPが、中立・公正の立場で、あなたの資産保全・資産運用をお手伝いします。

資産運用総合診断

賢く資産を運用している人は、お金のために働くのではなく、お金があなたのために働く仕組みをつくっています。

あなたのお金は、あなたのために、どのくらい効率よく働いていますか?

同じ1,000万円でも年利0.05%の金利でしか回らなかったら、1年間に手にできる金利収入は5,000円に過ぎません。金利が0.5%になると、年間の金利収入は5万円となります。年利5%で運用できると、金利収入は50万円となります。元手が同じでも、お金の働き方によって金利収入は大きく変わります。

金利収入の違いは暮らしの選択肢を大きく変えます。

また、年金が当てにできない時代、退職後の生活資金準備はたいへん重要です。

あなたはその準備を始めていますか。これから始めるという方に是非知っておいていただきたいことがあります。それは資金準備額が同じでも運用次第で将来の受取額が大きく変わる、ということです。

下のグラフをご覧ください。新卒で入社し、退職までの38年間毎月50,000円の積み立てを行った場合に、60歳時点の受取額がいくらになるか試算し、グラフに示したものです。(税金や金融機関に支払う手数料は考慮に入れていません)

運用する利回りによって、将来の資金受取額に大きな差ができることに気がつかれるでしょう。毎月5万円、38年間積立てますと2,280万円となります。これはまったく運用しない場合の資金受取額でもあります。

この資金準備額は、運用利回りによって38年後どう変わるのでしょうか?

1%運用では:2,785万円となります。
3%運用では:4,274万円となります。
5%運用では:6,786万円となります。

まったく運用しないケースと5%運用のケースでは将来の資金受取額に3倍の開きを生じます。

同じだけ資金が準備できても、運用次第でこれほど大きな差が生じる可能性があることをあなたはご存知でしたか?

1%でも利回りを高める努力が重要であることをご理解いただけたことと思います。

それでは、どうしたら利回りを高めることが可能でしょうか?

二つの点に留意する必要があります。
一つは、お金に「絶対安全」を求めないようにすることです。「比較的安全」まで近寄り、お金がある程度自由に動けるようにしてあげることです。お金がより自由に動きまわれるようになれば、よりよく働ける場所を探しやすくなります。

もう一つは、金融機関に無駄な費用を支払わないことです。あなたが選択する金融商品によって金融機関に支払う費用は大きく違ってきます。費用対効果の面で優位な商品を選べば金融機関に支払う費用は大幅に削減することが可能です。

あなたは可能性を広げるために効率的な資産運用を始めていますか?

私たちは、「診断」と「コンサルテーション」の提供を通じ、お一人お一人が、ご自身の状況や目的に合わせ、「チャンス」を生かし、「無理」なく、「無駄」のない資産運用ができるようにサポートいたします。どうぞ、お気軽にご相談ください。

お名前(漢字)* (例:投資太郎)
フリガナ* (例:トウシタロウ)
電話番号* (例:00-1234-5678)
メールアドレス* (例:info@fairroad.co.jp)
メールアドレス
再入力*
(例:info@fairroad.co.jp)

詳細など


 

Copyright (c) 2006-2016 Fairroad Incsupported by ノーブルウェブ - ホームページ制作会社(東京都杉並区) 株式会社フェアロード
フェアロード資産運用クリニック
当クリニックの5つの特徴 1.中立・公正なアドバイス 3.グローバルな視点 5.投資顧問登録をするFP 2.オーダーメイドのフラン 4.ウェルス真似地面